整体院と接骨院は違うの?

肩こりや腰痛などの不快な症状は、体の歪みと密接な関係があります。
それらの症状を引き起こさないためには、日頃から正しい姿勢を心掛けることが大切です。
もし、体の不快な症状が治まらないときは、整体の施術を受けることも考えましょう。
施術を受ける場所は、整体院だけではありません。
接骨院のなかには、整体院と同じような施術を受けられるところも少なくないからです。
そのため、整体院と接骨院の違いがわかりにくいのも無理からぬことでしょう。
ちなみに、どちらで施術を受けた場合も、健康保険が使えない「自由診療」です。
なお、接骨院で行う、骨折・脱臼・打撲などに対する処置や施術は、健康保険の対象になります。
ただし、骨折や脱臼での施術に関しては、医師の診断が必要とされます。
接骨院で施術を行うには、柔道整復師の資格(国家資格)が不可欠です。
また、受験資格を得るためには専門学校などで学ぶことが条件になります。
一方、整体院サイトなどに掲載されている資格は民間資格です。
もちろん、整体院と接骨院のどちらがよいのかは一概にはいえません。
自分に合ったところで施術を受けることが理想的です。
そのためには、身近な人の体験が役立つかもしれませんね。