歯科で毎日使われる紙コップからみえること?!

紙コップが多く使われる所といえば、やはり歯科もこれにあてはまると思います。
だって歯科では必ず患者さんの数だけコップが用意されていなければいけないからです。
また、治療がない場合でもクリーニングがあるもので、うがいをするようになります。

それに歯科によっては、ウォーターサーバーみたいなのもあったりしてそこでも紙コップです。
あとは、歯科が開院している日には毎日紙コップが出ているということにもなるでしょう。
7日間無休の歯科ではコップのお休みもまずあり得ないということになるものです。

こうして考えると、歯科では紙コップの在庫を切らすことができないところなんだなといえます。
普段の歯科利用では、紙コップの重大性など考えもしないことですが、歯科では大変な任務のひとつかもしれません。
だって、歯科では紙コップにも衛生さがいるので、置き過ぎることもできないでしょう。

また、うがい用の洗面台にセッティングするタイミングが早すぎるのもホコリなんかが入りやすいからです。
歯科では紙コップひとつとしてもすごく大事に決められているような感じがしてきます。
だから、見えない部分の衛生さが紙コップからでもわかる、ということにもなるのかもしれません。