Author Archives: jimmy

鍼灸に向いている人ってどんな人?

皆さんは、鍼灸を体験したことがあるでしょうか?
体に痛みを感じたときや、不調を感じるときに、鍼灸を利用すると効果を感じられるかもしれません。
では鍼灸に向いている人とは、どんな方なのでしょうか?
もちろんほとんどの方は、鍼灸を受けることができます。
しかし艾を直接皮膚の上に置いて、施術をする方法もあるため、あまりにも皮膚が弱いという方の場合は、鍼灸には向いていないかもしれません。
また艾に火をつけることになるため、当然ですが、火や熱が怖くてたまらないという方の場合も、鍼灸はあまりおすすめはできないかもしれませんね。
これは鍼灸の鍼を利用した治療でも同じことが言えます。
先端恐怖症や鍼自体に恐怖を感じるような方であれば、まともに鍼灸ができなくなってしまうため、やはりあまりおすすめはできないでしょう。
上記のような問題がない場合は、基本的に鍼灸を受けられると言えます。
しかし鍼は金属であるため、特定の金属に対してアレルギーのある方は、事前に医師に相談される方が良いと思います。
きちんと医師のアドバイスに従いながら鍼灸を受けるようにしてください。

テレビで紹介されていた虫歯治療

歯医者さんが好きという人はあんまり聞いたことはなく、ほとんどに人が苦手だと思います。
私の場合には歯を削る時のキーンという音と痛みが何と言っても嫌いで、あの音と痛みが無かったら歯医者嫌いも良くなるのになぁ。
でも最新の虫歯治療には歯を削らず、ほとんど痛みがなく治療ができる方法があるって知っていましたか?
私はテレビの情報番組で知ったのですが、こんないい治療があるならもっと早くやってほしかった。
テレビで紹介されていたのは、カリソルブ治療といって、虫歯の部分にカリソルブという薬を塗って、虫歯部分が柔らかくなったら専用の器具を使って除去します。
この治療を何度か繰り返して虫歯を完全に取り除き、修復物を入れて終わりです。
痛みはほとんどなく、削らないのであの嫌な音もしないし、もし虫歯になったら次はこの治療をやってみたいなぁ。
でもこの治療は保険の適用外なので、一般的な虫歯治療よりも費用は高くなります。
費用は高くなっても治療にストレスを感じず、恐怖感もなくなるのでいつか試してみたい治療です。
早くこういった最新治療は保険で受けられるといいですね。

エステサロンの系統について

エステサロンは女性の方なら非常に気になるところでしょうし、既に通ったことがある方や何店舗ものエステサロンに施術を受けた経験がある方も少なくないでしょう。
もちろん女性だけでなく男性が通うメンズエステサロンも数多くあるので、どんなエステサロンかあって、それぞれどんな特徴があるのかは非常に興味ひかれるところです。
そこで、エステサロンの系統について調べてみましたので、少し紹介してみます。
系統を分けるくくりは色々ありますが、大きく、大手のチェーン系エステサロンと、地域に根差したチェーン系エステサロンの間でも、同じチェーン系でも結構違いがあるようです。
大手のチェーンの場合、比較的最新のマシンが揃っていたり選べるコースの幅が広いなどといったところが特徴になるようです。
一方地域チェーン系の場合、メイン以外のコースバリエーションが豊富だったり、サービス面や施術ポリシーが特徴的なサロンなど、店舗の独自性を売りにしているところが結構あるようです。
このようにチェーン系のエステサロンでも色々違いがあるようですので、自分がどんな施術やサービスを期待しているのかをあらかじめ決めておけば、きっと好みに合ったエステサロンを選べるのではないでしょうか。

確定申告だけやってくれる税理士さん

一人で商売をやっていますが、毎年の確定申告の時期はほんとうにめんどくさいです…。
まず、書類の整理があまり得意でないので、ちょっとでもほったらかしにしてしまうと領収書やらなんやらすぐに山になってしまうんです(汗)
そして、その山も1年分ともなり、そこから入力作業をしたりすると…もうホントお手上げ状態です。
テレビでも確定申告シーズンなのか会計ソフトのCMをよく見るようになりました。
自分も少し会計ソフトに惹かれたものの、結局は自分で記帳(入力)しないとダメなんですよね。
なので今年からは思い切って税理士に確定申告を頼もうかと思っています。
ただ、確定申告だけをやってくれる税理士もいるんでしょうけど、それじゃあ何となくもったいない気がしてしまうんですよね。
どうせ頼むんだったら毎月の記帳やら節税相談とか、つまり顧問契約した方がお得なんじゃないかと思います。
今時は顧問税理士も割と低価格でやってもらえるみたいなので、近くの税理士をちょっとピックアップしてみようと思います。
そのまえに、まずは机の上に山積みになっている書類を何とかしないといけませんけど。
ふう、お掃除お掃除。

車検は一定期間ごとに!

車を持っているとガソリンや駐車場など色々な費用がかかりますよね。
維持費が高いけど車がないと不便なので仕方がありませんが、車検費用がもっと安ければ嬉しいなぁ。
車検は道路運送車両法61条で、一定期間ごとに車検を受けなければ公道を走ってはいけないのです。
一定期間とは自家用車の場合、初回が3年で2回目以降は2年ごとに受けなければいけないという決まりになっています。
新車登録を行ってから10年経った車は1年に1回車検を受ける決まりになっていましたが、1995年7月に改定した道路交通法によって、自家用車の場合であれば10年経った車でも2年1度の車検で良いという事になりました
でも2年に1度といってもあっという間に次の車検が来てしまいますよね。
我が家の車もあと半年で車検なので、車検費用の貯金でもやらないといけないなぁ。
格安で車検を行っている業者もありますが、そういった業者は車検に通ることしか考えてはいません。
安全に車を乗りたいなら費用は高くなりますがディーラーがオススメです。
次に技術力が高いのは車検のフランチャイズのお店で、民間の整備工場やカー用品店で車検を行う場合には、評判などをチェックしてから行うといいでしょう。

整体院と接骨院は違うの?

肩こりや腰痛などの不快な症状は、体の歪みと密接な関係があります。
それらの症状を引き起こさないためには、日頃から正しい姿勢を心掛けることが大切です。
もし、体の不快な症状が治まらないときは、整体の施術を受けることも考えましょう。
施術を受ける場所は、整体院だけではありません。
接骨院のなかには、整体院と同じような施術を受けられるところも少なくないからです。
そのため、整体院と接骨院の違いがわかりにくいのも無理からぬことでしょう。
ちなみに、どちらで施術を受けた場合も、健康保険が使えない「自由診療」です。
なお、接骨院で行う、骨折・脱臼・打撲などに対する処置や施術は、健康保険の対象になります。
ただし、骨折や脱臼での施術に関しては、医師の診断が必要とされます。
接骨院で施術を行うには、柔道整復師の資格(国家資格)が不可欠です。
また、受験資格を得るためには専門学校などで学ぶことが条件になります。
一方、整体院サイトなどに掲載されている資格は民間資格です。
もちろん、整体院と接骨院のどちらがよいのかは一概にはいえません。
自分に合ったところで施術を受けることが理想的です。
そのためには、身近な人の体験が役立つかもしれませんね。

八幡西区に歯科はいくつあるかな

仕事で八幡西区に越してきて3ヶ月。
驚いたのは、歯科の多さだ。
確かに人口は多いけど、それにしても八幡西区には歯科が多い。
自宅から駅へ行く途中に何件も見かけ、駅の周辺には本当にいくつもある。
こんなにあったら、患者さんの取り合いになってしまいそうだ。
私が歯科へ行くのは、大抵虫歯になってから。
その虫歯にも頻繁になるわけではないので、あまり歯科へ行ったことは無い。
大人になってから言ったのは数えるほどだろう。
でも世の中には、予防のために歯科へ行く人も多いと聞いた。
予防することで、虫歯にならないようにするのはもちろん、歯の黄ばみなども定期的に落とすことが出来、口の中を清潔に保てるのだ。
そんなことまでしなくてもと思うかもしれないが、歳をとってくると口の中の環境が気になってくる。
ねばねばしているような気がするし、臭いがしてるのではないかと、心配になることもある。
せっかく歯科の多い地域に来たのだから、予防のために行ってみるのもいいかもしれない。
どうせなら、一番きれいで、しゃれな歯科へ行ってみよう。
昔と違い、気軽に足を踏み入れることが出来そうだ。

歯科で毎日使われる紙コップからみえること?!

紙コップが多く使われる所といえば、やはり歯科もこれにあてはまると思います。
だって歯科では必ず患者さんの数だけコップが用意されていなければいけないからです。
また、治療がない場合でもクリーニングがあるもので、うがいをするようになります。

それに歯科によっては、ウォーターサーバーみたいなのもあったりしてそこでも紙コップです。
あとは、歯科が開院している日には毎日紙コップが出ているということにもなるでしょう。
7日間無休の歯科ではコップのお休みもまずあり得ないということになるものです。

こうして考えると、歯科では紙コップの在庫を切らすことができないところなんだなといえます。
普段の歯科利用では、紙コップの重大性など考えもしないことですが、歯科では大変な任務のひとつかもしれません。
だって、歯科では紙コップにも衛生さがいるので、置き過ぎることもできないでしょう。

また、うがい用の洗面台にセッティングするタイミングが早すぎるのもホコリなんかが入りやすいからです。
歯科では紙コップひとつとしてもすごく大事に決められているような感じがしてきます。
だから、見えない部分の衛生さが紙コップからでもわかる、ということにもなるのかもしれません。

確定申告にいく

今のままでこの仕事を続けていくのは、なにか違うなと思い始めたころに、新しくやりたいことがみつかった。
挑戦するには、しばらくは仕事につかずにいかないといけない。
まずは、そのために資金を貯めようと思った。
節約をしようと思い、毎日自炊も頑張った。
こんなにお金を浮かすことができるのかと思うと、今までの無駄遣いが浮き彫りになる。
そして、ついに退職をしようと決意し、とりあえずは、退職届を出しに行った。
しかし、辞めないでほしいと引き止められてしまった。
今の仕事が終わるまでは、いることにして、なんとかやり遂げた。
そして、やっと退職できることになり、やりたいことに向かって進んでいた。
そんなある日、父から仕事辞めたのなら、確定申告にいっておきなさいよ!と言われた。
5月まで働いていたから、税金が返ってくるかもしれないらしい。
年末調整がないからかな?と思いながら言われた通りに確定申告にいった。
手続きはすぐに終わり、あっという間だった。
自分で計算したりしないといけないのかなと思っていたが、確定申告のスペースが設けられていて、そこにいくと、手続きができた。

弁護士の知り合いに誘われて

事務職を辞めて、専業主婦でずっとやってきていた。
しかし、そろそろ短時間のパートでもしようかなと考えていた。
子どもたちも小学生になったし、ゆっくりするより、働けば少しは、子どもたちのものも買ってあげられると思っていた。
そんなときに、出先で知り合いに遭遇した。
今、なにをしているのかなどの話をしていると、自分がやっている、弁護士で少し働いてみないか?と言われた。
前職は、秘書的な仕事をしていて、事務が主にだったが、そういった仕事をしていたので、弁護士の事務所の事務はできるかなと心配にはなったが、短時間パートなので、やってみることにした。
パートを始めてみると、短時間とはいえ、やることがたくさんあり、プラス来客にお茶も出さないといけない。
最初は、慣れずにあたふたしてしまった。
弁護士の仕事の整理を少し手伝うこともあり、やりがいがある仕事だと思った。
久しぶりに仕事を、始めて、社会にでて仕事をする大切さを改めて実感した。
人に関わる仕事というのは、自分を成長させるなと思った。
まだまだ慣れないが、頑張っていきたいと思う。